私達は米沢市に新しい出版社を創りました。

ヨネザアド・カタツムリ社ロゴマーク
ヨネザアド・カタツムリ社

ヨネザアド・カタツムリ社は山形県米沢市に誕生した新しい出版社です。中心市街地の文化・情報発信拠点を目指します。

What’s New!

2015年/05月/27日|【お願い】カタツムリ社からメールが届かない、という案件に対して電話・FAXでの対応を図ってまいります。個別のメール対応も続けますが電話:0238-26-4300、FAX:0238-26-4301にご連絡下さい。営業時間は、平日9時~17時となっております。中部コミュニティセンターでの対応となります。また、オンラインショップにおいても、確認メールが「デリバリー・エラー」の状態となり不達となるケースが発生しています。お手数をお掛けしますが、宜しくお願いします。

2015年/05月/20日|【お侘び】本の配送時に凹み等の破損が発生してしまいました。お詫び申し上げると共に梱包面で改善を図って参ります。現在発送中、対応前の書籍については、到着後にご確認いただき、凹み等がある書籍については交換させて頂きますので、次のメールアドレスまでご連絡下さい。soudan@y-katatsumuri.com お手数をお掛けしますが、宜しくお願い致します。

2015年/05月/19日|【お知らせ】本の発送を開始しました。1日に出荷出来る量に限りがありますので到着まで、もうしばらくお待ち下さい。

2015年/05月/18日|オンラインショップを開設しました。順次、メールにて開店時間をご案内しております。オーダーのページからお進み頂けます。なお、メールフォームでお申込みされたお客様は、重複せぬようご注意下さい。

2015年/05月/07日|【お詫び】ご注文・ご入金に対する確認のご案内が遅れております。大変申し訳ございません。万全を期してお取り扱いをいたしておりますので、もうしばらくお待ちください。

2015年/05月/07日|PRODUCT/ヨネザアド幻想のページに「魅力」を追加しました!

2015年/04月/20日|『ヨネザアド幻想』の発売日が平成27年5月15日となりました!

2015年/04月/20日|ホームページ、見切り発車で公開いたしました!

2015年/04月/15日|ホームページをテストオープンしました。

ヨネザアド・カタツムリ社とは?

出版社です

米沢市では平成25年度から、住民の手による魅力ある地域づくりを目的に補助金を交付する「輝くわがまち創造事業」がスタートしました。
そこに中部地区から「カタツムリ社プロジェクト」というテーマ名でエントリーし認定されたのが、この出版社事業です。

地域の中に出版社をつくり、様々な情報発信を行うという主旨で委員会組織を設置。中部コミュニティセンター内に事務局と作業スペースを確保しました。
プロジェクト名「カタツムリ社」は米沢市出身の漫画家ますむら・ひろしさんの作品「アタゴオル」に登場する破産倒産を繰り返す(笑)出版社からの命名です。

印刷や製本は外部委託をしますが、その前段である編集作業に必要な機材やソフトウエアを導入し、そのノウハウやスキルを身に付ける事から活動を始め、出版社の機能を学びました。
そして継続的に事業展開が出来るように、最初の出版物に目玉となる作品が必要と考え、ますむらさんに作品の提供を打診しました。

結果、快くお引き受けをいただき、さらに作品提供の他にもご助力をいただける事となりました。
そのなかで私達の胸躍る、これに賭けたい!と思える素晴らしいご提案をいただきました。

それは故郷、米沢が舞台の作品や米沢の影響を色濃く反映した物をまとめた「米沢本」と言える作品集の出版。
今回お贈りする「ますむらひろし作品集・ヨネザアド幻想」がそれなのです。

本の出版を前に、この出版社の正式名称を「ヨネザアド・カタツムリ社」とし、登録しました。

「ヨネザアド幻想」詳細ページへ

米沢市中部コミュニティセンターのご案内

コミセン案内

米沢市には17地区にコミュニティセンターが設置されています。
各地区ごとに地域住民が主体となってコミュニティセンター(コミセン)の管理運営を行っています。

中部コミュニティセンターは米沢市のコミセンの中でも一番最後(平成24年6月)に出来た新しい施設で米沢市立興譲小学校の敷地内に建設されました。

まだコミセンとしての歴史は浅いものの、積極的な自主事業の開催や地域の各種団体の活動拠点として、重要な役目を果たしています。

中部コミセンのページへ